サントリー「極の青汁」のケルセチンプラスについて

サントリーウエルネスの「極の青汁」に採用されている原料は熊本の阿蘇で栽培されている大麦若葉、鹿児島県屋久島の明日葉、宇治の煎茶、愛知県の抹茶などなどです。

更にケルセチンプラスも配合されています。

「ケルセチンプラスって何だろう?」と思われている方もいらっしゃるかと思います。

「ケルセチンプラス」というのはケルセチンという成分をさんとりーの技術によって体が吸収しやすいようにしたものです。

健康志向で抗酸化成分に詳しい方ならご存じかも知れませんが、「ケルセチン」というのはとても抗酸化作用が強いポリフェノールです。

でも、このケルセチンはそのままだと身体に吸収されにくいんです。

ですので、サントリーウエルネスはケルセチンを吸収されやすいように糖分を付け「ケルセチンプラス」に加工して極の青汁に配合しています。

こうすることによってケルセチンの吸収率がアップします。

極の青汁は、野菜不足を解消してくれると共にケルセチンプラスにより、更に健康パワーをアップされた青汁だと言えるでしょう。

サントリーの極の青汁の原料について

サントリーの青汁である「極の青汁」は美味しい青汁としてネット上でも定評がありますね?

いったい、どんな青汁なんだろう?と考えた時に、一番分かりやすいのは「どんな原料が使われているのか?」という点に注目すると自然とその青汁製品が分かってくると思います。

サントリーの極の青汁に使われている原料は大麦若葉、明日葉、ケルセチンプラス、そして煎茶と抹茶です。

青汁を飲んだ飲んだことがある方は、大麦若葉や明日葉の名前は青汁の代表的な野菜として良くご存じだと思います。

大麦若葉や明日葉どちらも栄養豊富で、単体でも青汁製品が出来ちゃうような優良な野菜ですね。

ケルセチンプラスというのは、サントリーが独自にケルセチンを吸収しやすいように加工したものだそうです。

ケルセチンは玉ねぎの皮などに多く含まれている抗酸化成分ですね。普段の生活でも積極的に摂取したい成分でもあります。

そして、抹茶や煎茶。

煎茶と抹茶に関しては、極の青汁の風味を更に向上させるために使われているようです。
そもそも日本人は昔から緑茶に慣れ親しんだ生活をしてきました。

毎日のように緑茶を飲む習慣を持っている家庭も沢山ありますよね。

サントリーの商品開発担当者は、このような厳選された素材を「極の青汁」の原料としてベストな配合によって美味しい青汁を作り上げたんですね!